初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

水戸市城南1-4-7 第5プリンスビル3階水戸駅徒歩5分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

未分類

むち打ち症の慢性化の説明

 

1.症状の変化(頸椎捻挫,神経根症型,バレー・ルー症状群の場合)

(1)急性期の初期  ・頸部の痛み,はれぼったさ,熱っぽい感じ,運動痛,

   (1~2週)   運動制限,頭痛と頭重感

           ・自律神経症(めまい,眼のかすみ,耳鳴りなど)

           ・腕のしびれ

           ・神経根症状の存在   

 

(2)急性期の後期  ・痛みの部位の原曲化

   (3~4週)  ・痛みの運動方向の限局化

           ・自立神経症状の明確化

           ・神経根症状の明確化

 

(3)亜急性期    ・頸部の運動性の回復

   (3か月まで) ・運動痛の軽減

           ・自律神経,体性神経刺激症状の軽減   

 

 ◎むち打ち症の80%は亜急性期の3か月までに治癒します。

 

2.慢性化の要因(3か月を超えて治療が続く場合を慢性期と言います)

 (1)医学的な原因

   ①受傷時に患者が有していた基礎質感(頸椎症,頸椎椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症など)

   ②病態によるもの

    ・神経根症型,バレー・ルー昇降群は頸椎捻挫型に比べて一般に慢性化しやすい

   ③治療開始の遅れ

    ・早期治療が理想的

   ④不適切な治療

    ・急性期の牽引や乱暴なマッサージ

   ⑤精神・心理的問題

    ・不安感,被害者意識が自律神経失調に関与する

 (2)社会的要因

    ①賠償問題が慢性化に関与しているケースがある

    ②詐病

     他覚的所見の乏しい患者の中には詐病患者もいる可能性がある。

予約・問い合わせフォーム